コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仙台(市) せんだい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

仙台(市)
せんだい

宮城県中部にある県庁所在都市。1889年(明治22)市制施行。1928年(昭和3)名取(なとり)郡長(なが)町、宮城郡原ノ町、1932年名取郡西多賀(にしたが)村、1941年名取郡中田(なかだ)、六郷(ろくごう)の2村、宮城郡岩切(いわきり)、七郷(しちごう)、高砂(たかさご)の3村、1956年(昭和31)名取郡生出(おいで)村、1987年宮城郡宮城町、1988年泉市、名取郡秋保(あきう)町を編入。1989年(平成1)政令指定都市となる。2013年時点で、青葉、泉、太白(たいはく)、宮城野、若林の5区が設置されている。面積783.54平方キロメートル(一部境界未定)。人口104万5986(2010)。[長谷川典夫]

自然

奥羽山脈の東側、仙台平野のほぼ中央にある。東は七北田(ななきた)川、広瀬川、名取川のつくる沖積平野で、水田地帯および工業地区を形成し、仙台湾岸には数条の浜堤(ひんてい)列があり、後背湿地を利用して貞山堀(ていざんぼり)や仙台港がつくられている。北東、南西方向の宮城野撓曲崖(とうきょくがい)から西は広瀬川の数段の河岸段丘で、市街地主要部が段丘上に位置する。北部と西部は七北田丘陵、青葉山丘陵となり、文教施設や住宅地に利用されている。
 1981年から2010年における仙台の年平均気温は12.4℃、8月の平均気温は24.2℃で比較的涼しく、1月の平均気温は1.6℃で晴天が多く積雪も少なくしのぎやすい。年平均降水量は1254.1ミリメートルで、5月から10月に多く降るが、台風や梅雨の影響は比較的少ない。[長谷川典夫]

歴史

仙台市一帯では弥生(やよい)時代から稲作が行われ、遠見塚(とおみづか)古墳からはイネ、ウメ、マクワウリなどの種子が発見されている。また条里遺構も残っている。724年(神亀1)蝦夷(えみし)反乱の征討に赴いた大野東人(おおののあずまひと)は多賀城(多賀城市)に陸奥(むつ)国府と鎮守府を置き、仙台市南東部の木ノ下(きのした)に陸奥国分寺を、またその付近に国分尼寺を建立した。中世は留守(るす)氏、国分(こくぶん)氏らの支配下にあった。1601年(慶長6)伊達政宗(だてまさむね)は、国分氏の居城であった千代(せんだい)城のあとに新たに城を築いて仙台城(青葉城)とし、岩出山(いわでやま)城から移り、広瀬川を隔てた段丘上に城下町を建設した。城の近くに重臣の屋敷を設け、大手筋と奥州街道が交差する芭蕉の辻(ばしょうのつじ)を商人町とし、その周辺に侍屋敷、さらに外縁に寺町、足軽町を配した。武家屋敷には丁(ちょう)を、足軽・職人町、町屋には町を付して両者を区別した。開府にあたり岩出山の住民が仙台への移動を命ぜられ、神社仏閣も岩出山や米沢(よねざわ)(山形県)から移された。家臣8000戸、町家2100戸、寺方200戸など戸数は1万0850戸に及び、人口は5万2000人を数えたといわれる。仙台は領内の中央に位置して統治に有利なうえ、奥州街道に臨み、仙台平野を控えて、政治、交通、経済の枢要拠点をなし、加えて新田開発による藩財政の強化や、内陸水運の改善による仙台への物資の搬出入や江戸文化の導入によって、伊達62万石の城下は大いに繁栄し、質実剛健の気風に加えて「伊達者(だてもの)」の名を冠せられるほどの独自の文化を生んだ。桃山文化を伝える大崎八幡宮(はちまんぐう)や東照宮、国分寺薬師堂などは、当時の建築様式の粋を凝らしたものである。
 明治維新に際しては、仙台藩医で『赤蝦夷(あかえぞ)風説考』を著した工藤平助、『三国通覧図説』や『海国兵談』の著者で経世家の林子平(しへい)などの先覚者の予言と警告があったにもかかわらず、時流にのれず、士族の凋落(ちょうらく)とともに沈滞期に入った。1871年(明治4)の廃藩置県後、仙台県(1872年宮城県と改称)の県庁所在地となり、1878年には仙台区として一つの行政区画となった。1889年市制施行。1871年に東北鎮台(のち第二師団)が置かれ、続いて宮城師範学校、仙台控訴院、第二高等学校が相次いで設置され、1887年の日本鉄道(現、JR東北本線)の開通、1907年(明治40)の東北帝国大学(現、東北大学)の設立など、しだいに東北地方の中心としての地位が高まり、産業面でも大正末から昭和の初期にかけてビール、洋刃物、ゴム、金属、鉄鋼などの近代工場が設立されるようになった。
 1941年(昭和16)に人口約27万人を数えた仙台は、1945年7月10日のアメリカ軍の空襲などにより中心部を焼失し、死者約1300人、罹災(りさい)人口は約5万7000人に達した。1946年(昭和21)から戦災区域の復興区画整理が、また1949年からは近代都市建設が始まり、仙台は旧城下町や杜(もり)の都のイメージを残しつつ近代的な都市へと脱皮していった。1957年には仙塩地域が総合開発特定地域に、1964年には仙台湾地区が新産業都市に指定され、仙台市は地域開発の要(かなめ)として、東北地方の行政、産業、交通などの中核都市としてその機能の強化が図られている。一方、1978年6月の宮城県沖地震では、死者13人、重軽傷者9300余人、総額1940億円を超える被害を出し、現代都市のもつもろさを浮き彫りにした。1991年(平成3)には、市制100周年の記念事業の一環として、国際交流の拠点をめざす仙台国際センターを開設。なお、仙台市はアメリカのリバサイドとダラス、フランスのレンヌ、ベラルーシのミンクス、メキシコのアカプルコ、中国の長春、韓国の光州の各市と国際姉妹都市・友好都市となっている。[長谷川典夫]

産業

仙台市の産業構成を就業人口比(2000、国勢調査)でみると、第一次産業1.2%、第二次産業18.5%に対し、第三次産業は78.4%を占め、典型的な消費都市といえる。また事業所総数4万7537(2001)のうち、卸売・小売業・飲食店の45.9%、サービス業の30.4%など第三次産業が高い比率を示している。2002年(平成14)の年間卸売販売額は7兆1885億円で、東北地方の都市では抜群に高い実績を有する。これに対し、製造業出荷額(2002)は7516億円にとどまる。製造業のおもなものは、石油・石炭製品(35.0%)、印刷・同関連業(11.3%)、電子部品・デバイス製造業(7.9%)などである。仙台駅東口界隈(かいわい)は、IT関連企業が集中し、「仙台ITアベニュー」を形成している。第三次産業人口が多い要因の一つに学校、官公庁、事業所の集中があげられる。東北大学、宮城教育大学、東北学院大学など21の大学・短大(2013)、博物館、美術館、図書館などが集まって学術文化都市の様相を呈し、また国や公共企業体の出先機関や、東京に本社を置く企業が進出し、その多くが東北6県を管轄営業区域としている。[長谷川典夫]

交通

JR在来線としては東北本線、仙山線、仙石(せんせき)線が通じ、1982年(昭和57)には東北新幹線が開業した。道路交通では国道4号、45号、48号、286号、457号のほか、東北自動車道が通じ、仙台南、仙台宮城、泉の各インターチェンジがある。東北自動車道以外に三陸自動車道、仙台南部道路、仙台東部道路の有料道路がある。市営地下鉄南北線も1987年に開業、これは東北地方で初めての地下鉄。1971年に市北東部に開港した仙台港からは苫小牧(とまこまい)、名古屋への長距離フェリーが運航される。また岩沼、名取両市にまたがる仙台空港からは大阪、札幌など国内各都市のほか、ソウルや台北、グアムなどへの航空路線が開設されている。2007年(平成19)には、JR仙台駅から仙台空港まで直通する鉄道が開通した(仙台―名取間はJR東北本線、名取―仙台空港間が仙台空港アクセス鉄道)。[長谷川典夫]

観光・文化

国指定史跡に遠見塚古墳、陸奥国分寺跡、陸奥国分尼寺跡、林子平の墓、留守氏の居館だった岩切城跡がある。応神(おうじん)天皇らを祀(まつ)る大崎八幡宮は、大崎氏(陸奥の戦国大名)、伊達氏の尊崇が厚かった。権現(ごんげん)造の本殿などは国宝に指定されている。瑞鳳(ずいほう)寺には伊達政宗・忠宗(ただむね)・綱村(つなむら)の廟所(びょうしょ)がある。このほか青葉神社、大年(だいねん)寺、竜宝寺など伊達氏ゆかりの社寺がある。東照宮の本殿、国分寺薬師堂は国指定重要文化財。国指定天然記念物には、苦竹(にがたけ)のイチョウ、朝鮮ウメなどがある。年中行事としては、東北三大祭りの一つ8月上旬の仙台七夕(たなばた)まつりと、正月14日夜に大崎八幡宮境内で行われるどんと祭(松焚(まつたき)祭)が著名である。大崎八幡宮の能神楽(かぐら)は選択無形民俗文化財。伝統を受け継ぐ特産工芸品には、埋れ木細工、玉虫塗、堤焼(つつみやき)人形、堆朱(ついしゅ)、仙台たんす、仙台平(ひら)などがある。食品では九重(ここのえ)、仙台駄菓子、笹(ささ)かまぼこ、仙台みそが独特な味で親しまれ、最近では牛舌(ぎゅうたん)が知られている。また、文化施設としては、2001年(平成13)国宝に指定された慶長遣欧使節関連資料や、伊達家の文化財などを収蔵する仙台市博物館、宮城県ゆかりの作家を中心とした宮城県美術館や仙台文学館、理学系の仙台市科学館、東北大学総合学術博物館、地底の森ミュージアムなどがある。[長谷川典夫]
〔東日本大震災の被害状況〕2011年(平成23)の東日本大震災での当市の被害状況は死者704名・行方不明者26名・重軽傷者2269名・浸水面積52平方キロメートル・全壊住家数2万3166棟・半壊住家数5万9394棟・一部破損家数9万1741棟(浸水面積は国土地理院2011年4月18日公表のデータ、ほかは消防庁災害対策本部発表2011年11月11日17時現在のデータ)。
『『仙台市史』全13巻(1950~1954・仙台市) ▽『仙台の歴史』(1952・仙台市) ▽『目で見る仙台の歴史』(1959・仙台市) ▽三原良吉著『仙台郷土史夜話』(1971・宝文堂) ▽『埋れた仙台の歴史』(1978・仙台市教育委員会) ▽『仙台市史』全30巻(1994~ ・仙台市)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

仙台(市)の関連キーワード宮城県仙台市太白区山田上ノ台町仙台総合ビジネス公務員専門学校宮城県仙台市青葉区台原森林公園エスポールみやぎユースホステル宮城県仙台市宮城野区自由ケ丘宮城県仙台市太白区八木山本町専門学校赤門自動車整備大学校メープル仙台ユースホステル専門学校デジタルアーツ仙台宮城県仙台市宮城野区清水沼宮城県仙台市宮城野区五輪宮城県仙台市宮城野区白鳥宮城県仙台市太白区長町南仙台千登勢ユースホステル宮城県仙台市太白区茂ケ崎宮城県仙台市若林区下飯田宮城県仙台市青葉区錦ケ丘宮城県仙台市青葉区昭和町宮城県仙台市泉区将監殿仙台総合ペット専門学校

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仙台(市)の関連情報