コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仙台[市] せんだい

百科事典マイペディアの解説

仙台[市]【せんだい】

宮城県中部の市。1889年市制。県庁所在地。1987年宮城町,1988年泉市,秋保(あきう)町を編入。1989年政令指定都市となり,青葉宮城野若林太白の5区を設置。
→関連項目仙台[駅]仙台トラストタワー宮城[県]宮城教育大学

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せんだい【仙台[市]】

宮城県中部にある県庁所在都市。1889年市制。89年4月政令指定都市となり,5区を置いた。人口97万1297(1995)。奥羽山脈の東側に続く第三紀丘陵の東端仙台平野(仙南平野)の西縁に位置し,市街地主要部は広瀬川の形成した数段の河岸段丘上に展開する。奈良時代,北方の多賀城(現,多賀城市)に陸奥国府鎮守府が設けられ,仙台には陸奥国分寺および国分尼寺が建立された。近世初め,伊達政宗青葉城を築いて以来,伊達氏城下町として繁栄した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

仙台[市]の関連キーワード仙台湾

仙台[市]の関連情報