佐野[市](読み)さの

百科事典マイペディアの解説

佐野[市]【さの】

栃木県南西部,渡良瀬川北岸にあり,足尾山地の南麓を占める市。1943年市制。足利市の東に接し,渡良瀬川を境に群馬県館林市と接する。中心市街は江戸時代,天明(てんみょう)宿と呼ばれ,日光例幣使街道の宿場町として栄えた。現在は両毛線と東武佐野線が交差する交通要地。東北自動車道,北関東自動車道が通じる。北東部の犬伏も旧宿場町。古くから天明釜などの鋳物,縮の産地として有名で,人形,鯉幟(こいのぼり),瓦,漆器など在来工業も行われる。第2次大戦後は急激に縫製業が発展し,現在は婦人・子ども服縫製業のほか,精密機械,プラスチック,輸送用機械などの大規模工場が進出している。北部の葛生地区には石灰岩層(鍋山層)があり,石灰石,ドロマイトが採掘され,大規模なセメント工場,ドロマイト工場が立地する。関東三大師の一つ,佐野厄除大師がある。2005年2月安蘇郡田沼町,葛生町を編入。東日本大震災で,市内において被害が発生。356.04km2。12万1249人(2010)。
→関連項目両毛線

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さの【佐野[市]】

栃木県南西部の市。渡良瀬川を境に群馬県館林市と接する。1943年市制。人口8万4069(1995)。市域は足尾山地南縁の台地と渡良瀬川の支流の秋山川,旗川の沖積地からなり,東部には《万葉集》に〈下つ毛の美可母(みかも)の山〉と歌われた三毳(みかも)山(223m)がある。鎌倉時代に佐野氏が北部の唐沢山城を本拠にこの地を支配していたが,1602年(慶長7)徳川氏の命によって,城を春日岡(かすがおか)(現,城山公園)に移した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の佐野[市]の言及

【犬伏】より

…1889年町制。1943年佐野町等と合併し,佐野市となった。【河内 八郎】。…

【天明】より

…下野国の中・近世の宿駅。現栃木県佐野市街の南西部分。天命とも書いた。…

※「佐野[市]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android