コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐野[市] さの

百科事典マイペディアの解説

佐野[市]【さの】

栃木県南西部,渡良瀬川北岸にあり,足尾山地の南麓を占める市。1943年市制。足利市の東に接し,渡良瀬川を境に群馬県館林市と接する。中心市街は江戸時代,天明(てんみょう)宿と呼ばれ,日光例幣使街道の宿場町として栄えた。
→関連項目両毛線

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さの【佐野[市]】

栃木県南西部の市。渡良瀬川を境に群馬県館林市と接する。1943年市制。人口8万4069(1995)。市域は足尾山地南縁の台地と渡良瀬川の支流の秋山川,旗川の沖積地からなり,東部には《万葉集》に〈下つ毛の美可母(みかも)の山〉と歌われた三毳(みかも)山(223m)がある。鎌倉時代佐野氏が北部の唐沢山城を本拠にこの地を支配していたが,1602年(慶長7)徳川氏の命によって,城を春日岡(かすがおか)(現,城山公園)に移した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の佐野[市]の言及

【犬伏】より

…1889年町制。1943年佐野町等と合併し,佐野市となった。【河内 八郎】。…

【天明】より

…下野国の中・近世の宿駅。現栃木県佐野市街の南西部分。天命とも書いた。…

※「佐野[市]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

佐野[市]の関連キーワード和泉山脈大阪平野天明釜

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android