コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蟠る ワダカマル

デジタル大辞泉の解説

わだかま・る【×蟠る】

[動ラ五(四)]
輪状に曲がって巻いている。とぐろを巻く。「―・っている蛇」
入り組んで複雑に絡み合っている。「老松の根が―・っている」
心に不平・不満・不安などがあって晴れ晴れしない。「不吉な予感が胸に―・る」
かがんでうずくまる。また、しっかりと根をはる。蟠踞(ばんきょ)する。
「あたかも毘留遮那大仏が虚空に―・っているような雪峰で」〈河口慧海・チベット旅行記〉
盗んで自分のものとする。横領する。
「主人の金子(きんす)を―・り」〈浄・歌念仏

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

わだかまる【蟠る】

( 動五[四] )
不平・不満などが解消されないで残る。心が晴れない。 「不満が-・る」
とぐろを巻く。 「竜蛇の-・るがごとく/日光山の奥 花袋
くねり曲がる。 「七曲に-・りたる玉/枕草子 244
心がねじけまがる。 「先ノゴトク-・ッテ身ヲバタバカルトモ/天草本伊曽保」
他人の物を盗んで自分のものにする。横領する。 「然れども勘十郎おのれ一旦主人の金子を-・り/浄瑠璃・五十年忌

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

蟠るの関連キーワード河口慧海

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android