コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

訝る イブカル

デジタル大辞泉の解説

いぶか・る【×訝る】

[動ラ五(四)]《古くは「いふかる」とも》
疑わしく思う。怪しく思う。「不審な挙動を―・る」「機械がたてる異音を―・る」
はっきりしないので気がかりである。心もとなく思う。「目標の達成を―・る」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いぶかる【訝る】

( 動五[四] )
〔上代は「いふかる」と清音〕
変だと思う。不審に思う。 「息子の行動を-・って問いただす」
はっきりしないのでおぼつかなく思う。 「 - ・りし国のまほらをつばらかに示したまへば/万葉集 1753

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

訝るの関連情報