くさくさ

精選版 日本国語大辞典「くさくさ」の解説

くさ‐くさ

〙 (「と」を伴って用いることもある)
① 腹をたてたり憂鬱(ゆううつ)だったりして、心がはればれしないさまを表わす語。くしゃくしゃ。むしゃくしゃ。
愚管抄(1220)七「この人のなさを思ひつづくるにこそ、あだにくさくさ心もなりて」
※葉隠(1716頃)一一「人より頭をふまれ、くさくさとして一生を果すは口惜き事也」
② 見るからにだらしのない感じのするさまを表わす語。
※めのとのさうし(14C中か)「くさくさとして、なにをきたるもみぐるしく

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android