コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

怪訝 カイガ

デジタル大辞泉の解説

かい‐が〔クワイ‐〕【怪×訝】

[名](スル)納得がいかず、けげんに思うこと。
「少年の頃に、浮世を―し、厭嫌するの情起り易きは」〈透谷・厭世詩家と女性〉

け‐げん【×訝】

[名・形動]不思議で納得がいかないこと。また、そのさま。「怪訝な顔をする」「怪訝そうにじろじろ見る」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かいが【怪訝】

( 名 ) スル
あやしみいぶかること。不思議に思うこと。けげん。 「梅は-の目を睜みはつた/雁 鷗外

けげん【怪訝】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
訳がわからなくて、変だと思うさま。不思議そうにするさま。 「 -そうに尋ねる」 「 -な顔をする」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

怪訝の関連キーワード悔・海・乖・介・会・偕・喙・回・塊・壊・壞・廻・快・怪・恢・悔・懐・懷・戒・拐・改・晦・會・械・楷・海・潰・灰・界・皆・絵・繪・芥・解・誡・誨・諧・開・階・魁つた側目

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

怪訝の関連情報