曖昧模糊(読み)アイマイモコ

  • 曖昧模×糊

デジタル大辞泉の解説

[ト・タル][文][形動タリ]物事の内容・意味がはっきりせず、ぼんやりしているさま。「曖昧模糊とした状態

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

トタル [文] 形動タリ 
はっきりせず、ぼんやりしているさま。 -とした表現

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (形動タリ) 物事がはっきりしないで、ぼんやりしていること。また、そのさま。
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一七「曖昧模糊(アイマイモコ)の間に風評が消えたは」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典の解説

物事がはっきりしないで、ぼんやりしていること。また、その様子

[活用] ―たる・―とした。

[使用例] 描写は少しもに浮かび上がってこない。そうして読み終わったあとは、何を書こうとしているのか意図は曖昧模糊であった[松本清張*渡された場面|1976]

[使用例] そのころぼくは、自分自身があたかものように曖昧模糊としてしまい、まったく現実性を失ってしまうような感じにときとすると襲われたものであったから[北杜夫幽霊|1960]

[解説] 同意の「曖昧」と「模糊」を重ねて強調した表現

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

曖昧模糊の関連情報