吉備(広島・岡山)(読み)きび

百科事典マイペディアの解説

吉備(広島・岡山)【きび】

現在の広島県東部と岡山県で,備前国(びぜんのくに),美作国(みまさかのくに),備中国(びっちゅうのくに),備後国(びんごのくに)の古名。古墳時代,律令時代を通じ古代文化の先進地であった。大化改新前は吉備1国,持統朝のころ備前,備中,備後の3国に分かれ,のち備前北部を美作とした。岡山県吉備郡と総社市を中心に古代史跡が多い。→吉備氏
→関連項目岡山[県]山陽地方白猪屯倉総社[市]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android