コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉備[町] きび

百科事典マイペディアの解説

吉備[町]【きび】

和歌山県西部,有田川下流域にある有田(ありだ)郡の旧町。有田ミカンの本場で,米作養鶏なども盛ん。紀勢本線,海南湯浅有料道路が通じる。2006年1月,有田郡金屋町,清水町と合併し町制,有田郡有田川町となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きび【吉備[町]】

和歌山県中西部,有田郡の町。人口1万4111(1995)。有田川下流に位置し,北部には紀伊山地西縁の長峰山脈が,南部には白馬山脈が走り,その間に有田川の平野が開ける。町名は古代に設けられた吉備郷に由来する。西部を紀勢本線,国道42号線が通り,JR藤並駅から有田鉄道が分岐する。農業が基幹産業で,養鶏も行われる。有田ミカンの主産地で,県立果樹園芸試験場がある。西山浄土宗の浄教寺には重要文化財の仏涅槃図,大日如来座像があり,明恵上人神谷遺跡は国の史跡に指定されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

吉備[町]の関連キーワード清水町

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android