唯一・惟一(読み)ゆいいち

精選版 日本国語大辞典の解説

ゆい‐いち【唯一・惟一】

〘名〙
① ただ一つであること。ゆいいつ。ゆいつ。
※平家(13C前)七「唯一の玄応を垂給へ」
※浄瑠璃・聖徳太子絵伝記(1717)一「神は唯一(ユイイチ)円頓一実相の外」 〔首楞厳経‐三〕
※俳諧・本朝文選(1706)四・説類・師説〈許六〉「往昔神道のさかむなりし時は、唯一の師ありて道を教える事」

ゆい‐いつ【唯一・惟一】

〘名〙
① ただ一つであること。ゆいいち。ゆいつ。
※青春(1905‐06)〈小栗風葉〉秋「其れは、主の唯一(ユヰイツ)の道楽として邸内に栽培したもので」 〔書経‐大禹謨〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android