コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

目を奪われる メヲウバワレル

デジタル大辞泉の解説

目(め)を奪(うば)わ◦れる

目を盗られて何も見えないで、あまりの美しさなどに見とれて夢中になること。「美しさに―◦れる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

めをうばわれる【目を奪われる】

見とれて、他の物が目にはいらない。 「美しさに-・れる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

目を奪われるの関連キーワードウシュマル遺跡ひょっとこ踊り三堀純一生の哲学イケ面

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

目を奪われるの関連情報