コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

見る目嗅ぐ鼻 ミルメカグハナ

デジタル大辞泉の解説

みるめ‐かぐはな【見る目嗅ぐ鼻】

地獄の閻魔(えんま)の庁の人頭(にんずどう)。幢(はたほこ)の上に男女の首をのせたもので、亡者善悪を判断するという。
世間のうるさい耳目。
「人目を忍べど―、少しも油断はならぬ」〈松翁道話・二〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

みるめかぐはな【見る目嗅ぐ鼻】

地獄の閻魔えんまの庁にあるという、男女の頭を上に載せた幢はたほこ。よく亡者の善悪を判別するという。 「 -より恐ろしき親方の目を忍び/浄瑠璃・傾城酒吞童子」
世間の耳目のうるさいことをたとえていう語。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

見る目嗅ぐ鼻の関連キーワード浄瑠璃見る目耳目

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android