コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

見る目嗅ぐ鼻 ミルメカグハナ

2件 の用語解説(見る目嗅ぐ鼻の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

みるめ‐かぐはな【見る目嗅ぐ鼻】

地獄の閻魔(えんま)の庁の人頭幢(にんずどう)。幢(はたほこ)の上に男女の首をのせたもので、亡者の善悪を判断するという。
世間のうるさい耳目。
「人目を忍べど―、少しも油断はならぬ」〈松翁道話・二〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

みるめかぐはな【見る目嗅ぐ鼻】

地獄の閻魔えんまの庁にあるという、男女の頭を上に載せた幢はたほこ。よく亡者の善悪を判別するという。 「 -より恐ろしき親方の目を忍び/浄瑠璃・傾城酒吞童子」
世間の耳目のうるさいことをたとえていう語。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

見る目嗅ぐ鼻の関連キーワード閻魔王閻魔顔閻魔天曼荼羅閻魔堂閻魔の庁浄玻璃の鏡済す時の閻魔顔冥官閻魔天閻魔詣で