押しも押されもせぬ(読み)オシモオサレモセヌ

デジタル大辞泉の解説

押(お)しも押(お)されもせぬ

どこへ出ても圧倒されることがない。実力があって堂々としている。押すに押されぬ。「押しも押されもせぬ財界の大立て者」
[補説]文化庁が発表した平成24年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「押しも押されもせぬ」を使う人が41.5パーセント、本来の言い方ではない「押しも押されぬ」を使う人が48.3パーセントという逆転した結果が出ている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おしもおされもせぬ【押しも押されもせぬ】

びくともしない。争う余地のない。ゆるぎない。れっきとした。 「 -大実業家」 〔「押しも押されぬ」は誤まった言い方〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

押しも押されもせぬの関連情報