コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歴と レキト

デジタル大辞泉の解説

れき‐と【歴と】

[副]れっきと」に同じ。
「譬(たと)えば―した証拠があっても」〈逍遥・内地雑居未来之夢〉

れっき‐と【歴と】

[副]《「れきと」の音変化。多く「れっきとした」の形で用いる》
確かなものとして世間から認められているさま。「歴とした私の妻だ」「歴としたプロだ」
すきがなく整っているさま。
「奥には―刀剣を飾ってある」〈蘆花思出の記

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

れきと【歴と】

( 副 )
れっきと(歴)」に同じ。多く「歴とした」の形で用いる。 「芳野といふ、-した妻がある/色懺悔 紅葉

れっきと【歴と】

( 副 )
〔「れっき」は「れき」の促音添加〕
(多く「れっきとした」の形で用いる)
疑う余地のないほど確かなさま。明白なさま。 「 -した証拠」
家柄・身分などが高いさま。 「在所には-親も有/浄瑠璃・卯月の紅葉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

歴との関連キーワードGoogle Desktop Searchブライアン・M. ステイブルフォードアグリッパ[ネッテスハイムの]都々逸坊 扇歌(4代目)アウグスト ザンダープラト・デ・ラ・リバセンター試験の変更点ホスローとシーリーンエミール ラマン三十六歌仙絵巻薬歴管理指導料ねんきん定期便グーグルナウ御前義経記フィージン世事見聞録薬剤服用歴Akari柿本人麻呂市川団十郎

歴との関連情報