コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂[村] かつら

1件 の用語解説(桂[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かつら【桂[村]】

茨城県中央部,東茨城郡の村。人口6949(1995)。東部は那珂川流域の平たん地で,西部は八溝山系に連なる丘陵地である。村名は村域を流れる那珂川の支流桂川にちなむ。主産業は農業で,和牛も飼育されている。特産物に阿波山の粟野春慶塗がある。人口流出が続いたため1980年には過疎地域の指定を受けたが,近年,人口減少に歯止めがかかっている。村域の大部分は御前山県立自然公園に含まれている。国道123号線が通じる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

桂[村]の関連キーワード茨城県かつら鬼怒川茨城大洗北茨城高知ひたちなか願入寺アクアワールド大洗

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone