コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂[村] かつら

世界大百科事典 第2版の解説

かつら【桂[村]】

茨城県中央部,東茨城郡の村。人口6949(1995)。東部は那珂川流域の平たん地で,西部は八溝山系に連なる丘陵地である。村名は村域を流れる那珂川の支流桂川にちなむ。主産業は農業で,和牛も飼育されている。特産物に阿波山の粟野春慶塗がある。人口流出が続いたため1980年には過疎地域の指定を受けたが,近年,人口減少に歯止めがかかっている。村域の大部分は御前山県立自然公園に含まれている。国道123号線が通じる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

桂[村]の関連キーワード阿倍御主人メロダク=バラダン2世釜石艦砲射撃藤原京藤原宇合ラホールルビーレーザー藤原京ライダー河内王

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android