コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

汝・爾 なんじ

大辞林 第三版の解説

なんじ【汝・爾】

( 代 )
〔「汝」に「貴むち」が付いてできた「なむち」の転〕
二人称。多く対等の人、またはそれ以下の人に対して用いられ、中世以降は目下の人や親しい人を呼ぶのに用いられるようになった。現代語では主として文語的な言い回しに用いられる。 「 -ごときにわかるものか」 「 -の隣人を愛せよ」 「 -が持ちて侍るかぐや姫奉れ/竹取」 〔この語は、本来、相手を尊敬して呼んだ語と考えられる〕
[句項目] 汝自身を知れ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

汝・爾の関連キーワードかぐや姫二人称

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android