コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河北[町] かほく

4件 の用語解説(河北[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

河北[町]【かほく】

宮城県東部,桃生(ものう)郡の旧町。北上川が町の中央部を貫流する。米を産し,北上川ではサケの捕獲,シジミの採取も行う。東部は追波(おっぱ)湾に臨み,長面(ながつら)浦に海水浴場がある。
→関連項目桃生城

河北[町]【かほく】

山形県中部,西村山郡の町。山形盆地西部,寒河江(さがえ)川扇状地の北半部に位置し,水田が広く,米産が多い。果樹栽培も盛ん。ぞうり表の特産があり,スリッパなどの産も多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かほく【河北[町]】

宮城県北東部,桃生(ものう)郡の町。人口1万4186(1995)。北上高地の南端にあり,新北上川が中央を流れ追波湾に注ぐ。町域の西境には旧北上川が流れ,西部には低地が広がる。中心集落の飯野川は新北上川が〈くの字〉に屈曲する北側に位置し,近世に六斎市が開かれた市場町で,明治~大正期には桃生郡の郡役所が置かれた。産業の中心は農業で,米作が主体。飯野川付近では古くから茶の栽培も行われる。東端は海に面し,長面浦ではノリ,ワカメの養殖が行われる。

かほく【河北[町]】

山形県中央部,西村山郡の町。人口2万1930(1995)。山形盆地西部,最上川寒河江川の合流点付近にあり,町域の約7割が平地である。最上川西岸に位置する中心集落の谷地(やち)は,戦国末期に白鳥氏が築いた谷地城の城下町で,江戸時代は米,ベニバナ,特産の草履表の取引でにぎわい,六斎市が開かれていた。また明治末期に水運が衰えるまで最上川の船着場としても栄えた。耕地面積の大部分が水田という水田単作地帯であるが,果樹生産の拡大とともに食品加工業が誘致され,工業出荷額に占める割合が高くなっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

河北[町]の関連キーワード本宮高知寒河江多久東根村山谷地八幡宮おおえにしかわ佐藤啓

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone