河北[町](読み)かほく

百科事典マイペディアの解説

河北[町]【かほく】

宮城県東部,桃生(ものう)郡の旧町。北上川が町の中央部を貫流する。米を産し,北上川ではサケの捕獲,シジミの採取も行う。東部は追波(おっぱ)湾に臨み,長面(ながつら)浦に海水浴場がある。2005年4月桃生郡雄勝町,河南町,桃生町,北上町,牡鹿郡牡鹿町と石巻市へ編入。125.10km2。1万3439人(2003)。
→関連項目桃生城

河北[町]【かほく】

山形県中部,西村山郡の町。山形盆地西部,寒河江(さがえ)川扇状地の北半部に位置し,水田が広く,米産が多い。果樹栽培も盛ん。ぞうり表の特産があり,スリッパなどの産も多い。中心の谷地(やち)は最上川河港城下町として発達した。東日本大震災で,町内において被害が発生。52.45km2。1万9959人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かほく【河北[町]】

宮城県北東部,桃生(ものう)郡の町。人口1万4186(1995)。北上高地南端にあり,新北上川が中央を流れ追波湾に注ぐ。町域の西境には旧北上川が流れ,西部には低地が広がる。中心集落の飯野川は新北上川が〈くの字〉に屈曲する北側に位置し,近世に六斎市が開かれた市場町で,明治~大正期には桃生郡の郡役所が置かれた。産業の中心は農業で,米作が主体。飯野川付近では古くから茶の栽培も行われる。東端は海に面し,長面浦ではノリ,ワカメの養殖が行われる。

かほく【河北[町]】

山形県中央部,西村山郡の町。人口2万1930(1995)。山形盆地西部,最上川と寒河江川の合流点付近にあり,町域の約7割が平地である。最上川西岸に位置する中心集落の谷地(やち)は,戦国末期に白鳥氏が築いた谷地城の城下町で,江戸時代は米,ベニバナ,特産の草履表の取引でにぎわい,六斎市が開かれていた。また明治末期に水運が衰えるまで最上川の船着場としても栄えた。耕地面積の大部分が水田という水田単作地帯であるが,果樹生産の拡大とともに食品加工業が誘致され,工業出荷額に占める割合が高くなっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android