河北[省](読み)かほく

百科事典マイペディアの解説

河北[省]【かほく】

中国北部の省。渤海湾に臨み,中国文化の母体となる地域で,歴史的にも中枢地区である。簡称は冀(き)。省都石家荘。北と西に山地をひかえ,東部は沖積黄土平野である。交通は北京,天津を中心に京九(北京〜九竜)・京広(北京〜広州)・京包(北京〜パオトウ)・京滬(けいこ)(北京〜上海)など諸鉄路が集まり,道路網水運もかなり発達している。小麦,大豆,コーリャン,綿,ラッカセイ,果物などを産し,海岸では工業用塩の生産も行われる。さらに石炭,鉄鉱などの埋蔵量が大で,製鉄,ガラス,紡織陶磁器,皮革などの工業が行われる。18万7700km2。7417万人(2014)。ただし,中央直轄の北京・天津両市の面積人口を除く。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かほく【河北[省] Hé běi shěng】

中国の北部,黄河下流の北に位置する省。南東部は平原で渤海湾に臨み,西と北とは山地に囲まれ,北西部にモンゴル高原の一部を含む。面積18万7700km,人口6484万(1996)。この中には中央直轄の北京・天津両市の面積・人口は数えられていない。11地級市,23県級市,109県,6自治県からなり,省都は石家荘市。西高東低地勢で,高原と山地が全省の約3/5,平原が約2/5を占め,山東河南山西遼寧の諸省,内モンゴル自治区と隣接している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android