コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

的を射る マトヲイル

デジタル大辞泉の解説

的(まと)を◦射(い)る

うまく目標に当てる。転じて、うまく要点をつかむ。「―◦射た批評」
[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、本来の言い方とされる「射る」と、本来の言い方ではない「的を得る」について、どちらの言い方を使うか尋ねたところ、次のような結果が出た。
 平成15年度調査平成24年度調査
的を射る
(本来の言い方とされる)
38.8パーセント52.4パーセント
的を得る
(本来の言い方ではない)
54.3パーセント40.8パーセント

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まとをいる【的を射る】

的確に要点をとらえる。 「 - ・射た質問」 〔「的を得る」は「当を得る」と混同した誤り〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

的を射るの関連情報