コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

的を射る マトヲイル

デジタル大辞泉の解説

的(まと)を◦射(い)る

うまく目標に当てる。転じて、うまく要点をつかむ。「―◦射た批評」
[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、本来の言い方とされる「射る」と、本来の言い方ではない「的を得る」について、どちらの言い方を使うか尋ねたところ、次のような結果が出た。
 平成15年度調査平成24年度調査
的を射る
(本来の言い方とされる)
38.8パーセント52.4パーセント
的を得る
(本来の言い方ではない)
54.3パーセント40.8パーセント

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

まとをいる【的を射る】

的確に要点をとらえる。 「 - ・射た質問」 〔「的を得る」は「当を得る」と混同した誤り〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

的を射るの関連キーワード狙い澄ます奉射・歩射的を得る大弓祭り角打ち賭け的流鏑馬歩射騎射誤り射的矢場弓道的弓的矢笠懸楊弓賭的

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

的を射るの関連情報