コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

的を射る マトヲイル

デジタル大辞泉の解説

的(まと)を◦射(い)る

うまく目標に当てる。転じて、うまく要点をつかむ。「―◦射た批評」
[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、本来の言い方とされる「射る」と、本来の言い方ではない「的を得る」について、どちらの言い方を使うか尋ねたところ、次のような結果が出た。
 平成15年度調査平成24年度調査
的を射る
(本来の言い方とされる)
38.8パーセント52.4パーセント
的を得る
(本来の言い方ではない)
54.3パーセント40.8パーセント

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まとをいる【的を射る】

的確に要点をとらえる。 「 - ・射た質問」 〔「的を得る」は「当を得る」と混同した誤り〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

的を射るの関連キーワード奉射・歩射狙い澄ます大弓祭り的を得る流鏑馬賭け的角打ち歩射騎射誤り射的矢場笠懸的弓賭的的矢楊弓弓道

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

的を射るの関連情報