直線的(読み)ちょくせんてき

精選版 日本国語大辞典「直線的」の解説

ちょくせん‐てき【直線的】

〘形動〙 直線であるさま。一定方向をとって、まっすぐ進むさま。また、少しもつつみ隠すところがないさま。
※それから(1909)〈夏目漱石〉一三「彼は西洋の小説を読むたびに、そのうちに出て来る男女の情話が、あまりに露骨で、あまりに放肆で、且つあまりに直線的(チョクセンテキ)に濃厚なのを」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「直線的」の解説

ちょくせん‐てき【直線的】

[形動]一定の方向へまっすぐ進むさま。また、つつみ隠すところがないさま。「直線的な方針」「直線的な言い方が相手の気持ちをそこなう」
[類語]まっしぐら直情径行一途いちず一直線一路一本槍しゃにむに無二無三がむしゃらまっすぐ猪突猛進ストレートひたすらひたむき一筋ただただただ専一ひとえに一心一念一路一散一目散一点張り一辺倒一意専心営営せっせ遮二無二一心不乱脇目も振らずしゃかりき無心粉骨砕身無我夢中熱中夢中専心専念没入没頭没我傾注傾倒我を忘れるこんを詰める身を入れる身を砕く心血を注ぐ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android