我武者羅(読み)がむしゃら

精選版 日本国語大辞典「我武者羅」の解説

がむしゃ‐ら【我武者羅】

〘名〙 (形動)
恋慕ながし(1898)〈小栗風葉〉二〇「那(ああ)云ふもう我武者(ガムシャラ)の、後も前(さき)へない奴でねえ」
② 程度がはなはだしいさま。
※神経病時代(1917)〈広津和郎〉九「彼はがむしゃらににさはって来た」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「我武者羅」の解説

がむしゃ‐ら【我武者羅】

[名・形動]後先を考えないで強引に事をなすこと。また、そのさま。「我武者羅な攻め方」「我武者羅に働く」
[派生]がむしゃらさ[名]
[類語]ひたすらいちずひたむき一筋ただただただ専一ひとえに一心一念一路一散一目散一直線一本槍一点張り一辺倒一意専心営営せっせ遮二無二無二無三一心不乱脇目も振らず直線的まっしぐら直情径行まっすぐ猪突猛進ストレートまっしぐらしゃかりきしゃにむに無心粉骨砕身無我夢中熱中夢中専心専念没入没頭没我傾注傾倒我を忘れるこんを詰める身を入れる身を砕く心血を注ぐ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android