コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

驀地 バクチ

デジタル大辞泉の解説

ばく‐ち【×驀地】

[形動][文][ナリ]急に起こるさま。まっしぐらに進むさま。
「事実を事実と証する程の出来事が―に現前せぬうちは」〈漱石・幻影の盾〉

ましぐら【驀地】

[形動ナリ]まっしぐら」に同じ。
「―に打って出でたり」〈太平記・九〉

まっしぐら【驀地】

[副]《古くは「まっしくら」か》激しい勢いで目標に向かって突き進むさま。いっさんに。「ゴールめざして驀地に走る」「出世街道を驀地に進む」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ばくち【驀地】

( 形動 ) [文] ナリ 
まっしぐらに進むさま。驀然。 「之を攻むるや、威を揮つて-に進み/肉弾 忠温

ましくら【驀地】

( 副 )
〔「ましぐら」とも〕
激しい勢いで進んで行くさま。まっしぐら。 「六波羅の兵一万余騎、…-に打て出たり/太平記 9

まっしぐら【驀地】

( 副 )
〔「ましくら」の転〕
(多く「まっしぐらに」の形で)激しい勢いで目的に向かって進んで行くさま。 「 -に突き進む」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

驀地の関連キーワード博・幕・曝・漠・瀑・爆・縛・莫・駁・驀・麥・麦六波羅目的

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android