コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

驀地 バクチ

デジタル大辞泉の解説

ばく‐ち【×驀地】

[形動][文][ナリ]急に起こるさま。まっしぐらに進むさま。
「事実を事実と証する程の出来事が―に現前せぬうちは」〈漱石・幻影の盾〉

ましぐら【驀地】

[形動ナリ]まっしぐら」に同じ。
「―に打って出でたり」〈太平記・九〉

まっしぐら【驀地】

[副]《古くは「まっしくら」か》激しい勢いで目標に向かって突き進むさま。いっさんに。「ゴールめざして驀地に走る」「出世街道を驀地に進む」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ばくち【驀地】

( 形動 ) [文] ナリ 
まっしぐらに進むさま。驀然。 「之を攻むるや、威を揮つて-に進み/肉弾 忠温

ましくら【驀地】

( 副 )
〔「ましぐら」とも〕
激しい勢いで進んで行くさま。まっしぐら。 「六波羅の兵一万余騎、…-に打て出たり/太平記 9

まっしぐら【驀地】

( 副 )
〔「ましくら」の転〕
(多く「まっしぐらに」の形で)激しい勢いで目的に向かって進んで行くさま。 「 -に突き進む」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

驀地の関連情報