コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唯唯 イイ

デジタル大辞泉の解説

い‐い〔ヰヰ〕【唯唯】

[ト・タル][文][形動タリ]他の意見に従って少しも逆らわないさま。「唯唯として従う」
[感]かしこまって了承するときの応答の語。はい。
「疑ひ無きゆゑに―とこたへ給ふ」〈都鄙問答・三〉

ただ‐ただ【唯/××只】

[副]ただ」を強めていう。ひたすら。もっぱら。「―みごとというほかはない」「―友の無事を祈る」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いい【唯唯】

( トタル ) [文] 形動タリ 
さからわないで他人の言うままになるさま。唯々諾々いいだくだく。 「 -として従う」
( 感 )
同意・承諾を表す語。丁寧な返事に用いる語。 「衆愚之愕々たるは、一賢之-には如かず/太平記 16

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

唯唯の関連キーワード唯唯諾諾トタル濁・諾唯・遺太平記諾諾

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android