猪突猛進(読み)チョトツモウシン

デジタル大辞泉の解説

ちょとつ‐もうしん〔‐マウシン〕【×猪突猛進】

[名](スル)周囲の人のことや状況を考えずに、一つのことに向かって猛烈な勢いで突き進むこと。「猪突猛進して敵のにはまる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょとつもうしん【猪突猛進】

( 名 ) スル
一つのことに向かって、向こう見ずに猛烈な勢いで、つき進むこと。 「若さにまかせて-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちょとつ‐もうしん ‥マウシン【猪突猛進】

〘名〙 ひとつのことに向かって向こう見ずにまっすぐに、猛烈ないきおいで突き進むこと。猪突
※暗い平原(1952)〈井上靖〉「自分の言葉の魔力に抗し難く、それに引きずられて、それが実現のために、猪突猛進する」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

猪突猛進の関連情報