一辺倒(読み)いっぺんとう

精選版 日本国語大辞典「一辺倒」の解説

いっぺん‐とう ‥タウ【一辺倒】

〘名〙 一方にだけかたよること。一つの方面にだけ熱中すること。
※自由学校(1950)〈獅子文六〉不同調「母性愛一辺倒といいますか、もう、思慮を失っておるので」
[語誌]毛沢東が一九四九年七月発表の論文中に「要向社会主義一辺倒」と書いたところから日本に流行し、「向米一辺倒」「親米一辺倒」「親ソ一辺倒」など、政治や外交方面のことに多く用いられた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「一辺倒」の解説

いっぺん‐とう〔‐タウ〕【一辺倒】

特定の対象だけに心を傾けて、他は顧みないこと。「アメリカ一辺倒の政策」「夏はもっぱらビール一辺倒だ」
[補説]第二次大戦後、毛沢東の論文で使われ流行した語。
[類語]ひたすらいちずひたむき一筋ただただただ専一ひとえに一心一念一路一散一目散一直線一本槍一点張り一意専心営営せっせ遮二無二無二無三がむしゃら一心不乱脇目も振らずまっしぐらしゃかりきしゃにむに無心粉骨砕身無我夢中熱中夢中直線的専心専念没入没頭没我傾注傾倒猪突猛進ストレート我を忘れるこんを詰める身を入れる身を砕く心血を注ぐ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android