コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一辺倒 イッペントウ

デジタル大辞泉の解説

いっぺん‐とう〔‐タウ〕【一辺倒】

特定の対象だけに心を傾けて、他は顧みないこと。「アメリカ一辺倒の政策」「夏はもっぱらビール一辺倒だ」
[補説]第二次大戦後、毛沢東論文で使われ流行した語。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いっぺんとう【一辺倒】

〔第二次大戦後、毛沢東の論文から入った語だが、「近思録為学」に既に載っている〕
一方だけにかたよること。 「親米-」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

一辺倒の関連キーワードフェルディナンド1世[メディチ家]イギリスでブラウン政権が誕生浮雲(二葉亭四迷の小説)デンマーク王立バレエ団ワークライフバランス東京慈恵会医科大学成果主義/能力主義安川 加寿子クリューエフライダーマンカナダ自由党太田黒 養二二重帰属意識石橋湛山内閣小泉 文夫御前義経記外国人選手人生の阿呆中村草田男全泥選鉱法

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一辺倒の関連情報