コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相馬[市] そうま

2件 の用語解説(相馬[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

相馬[市]【そうま】

福島県浜通り北部の市。1954年市制。太平洋に面し,松川浦がある。中心の中村は相馬氏の城下町として発達。相馬地方北部の商業中心地で,常磐線常磐自動車道が通じる。
→関連項目中村

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

そうま【相馬[市]】

福島県北東部,浜通り北部に位置する市。1954年市制。人口3万9449(1995)。市域は東西に長く,東は太平洋に面し,東部は標高200m以下の丘陵,台地,沖積低地および松川浦などからなる。西部は阿武隈高地の北部に属し,西端には標高805mの霊山(りようぜん)がある。宇多川をはじめとする河川が東流し,その流域に水田が開け,集落が点在する。弥生時代古墳時代の遺跡が多く,古くから開発されていたものと思われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の相馬[市]の言及

【中村】より

…陸奥国宇多郡の城下町で,現在は福島県相馬市(1954市制)の中心地区をなす。《和名抄》に宇多郡仲村郷があり,801年(延暦20)坂上田村麻呂が蝦夷出兵のとき,西館(現在の中村城跡の西部一帯)に菅原啓実が館を構えていたと伝えられる。…

※「相馬[市]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

相馬[市]の関連キーワード佐原健二プリンスセダン AISH-2型小島信夫いわき(市)自衛隊次郎長三国志山の音アルジェリア戦争道路整備計画マン

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone