美郷(町)(島根県)(読み)みさと

  • 島根県
  • 美郷

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

島根県中央部、邑智郡(おおちぐん)にある町。2004年(平成16)邑智町と大和村(だいわむら)が合併して成立。南部を広島県と接する。旧大和村地域を江の川(ごうのかわ)が北流し、役場のある粕淵(かすぶち)でUターンする形に湾曲して西流する。町の9割を山林が占め、国道375号が通じる。かつては江の川水運の要衝で、諸物資の集散地として繁栄した。米やシイタケなどを産し、畜産も行われる。また1982年(昭和57)の国民体育大会でカヌー競技が行われたことをきっかけにカヌーが盛んとなり、「カヌーの里おおち」などの観光施設もあり、キャンプやカヌー体験ができる。三瓶(さんべ)山南西麓(ろく)に湯抱(ゆがかい)温泉、江の川沿いに潮(うしお)温泉、千原(ちはら)川沿いに千原温泉がある。面積282.92平方キロメートル、人口4900(2015)。

[編集部]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android