茅・茅萱・白茅(読み)ちがや

大辞林 第三版の解説

ちがや【茅・茅萱・白茅】

イネ科の多年草。荒れ地などに群生。高さ30~60センチメートル。春、白い毛のある小さい花を穂のように多数付ける。葉は長い広線形で、粽ちまきは、昔この葉で巻いた。穂は「つばな」「ちばな」といい、火口ほくちに用いた。根茎は漢方で白茅根はくぼうこんといい、消炎・利尿・浄血薬などとする。古名、チ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android