コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茅・茅萱・白茅 ちがや

大辞林 第三版の解説

ちがや【茅・茅萱・白茅】

イネ科の多年草。荒れ地などに群生。高さ30~60センチメートル。春、白い毛のある小さい花を穂のように多数付ける。葉は長い広線形で、粽ちまきは、昔この葉で巻いた。穂は「つばな」「ちばな」といい、火口ほくちに用いた。根茎は漢方で白茅根はくぼうこんといい、消炎・利尿・浄血薬などとする。古名、チ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

茅・茅萱・白茅の関連キーワード多年草ちばなイネ科荒れ地白茅根利尿群生火口根茎古名消炎

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android