西川(町)(読み)にしかわ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西川(町)
にしかわ

山形県中央部、西村山郡の町。1954年(昭和29)西山、川土居(かわどい)、本道寺(ほんどうじ)、大井沢の4村が合併して成立。北を出羽(でわ)三山の主峰月山(がっさん)、西を朝日連峰の急峻(きゅうしゅん)な山地に囲まれた豪雪地帯。両山地に源を発する寒河江川(さがえがわ)が町の中央を貫流する。町域を東西に通じる国道112号(月山新道)の旧道六十里越はかつて出羽三山への登拝路で、沿道の本道寺、志津などは宿場町、宗教集落として栄えた。国道112号と併行して山形自動車道が走り、西川、月山の2インターチェンジが設置されている。米作のほか花卉(かき)・果樹栽培などが行われている。1990年(平成2)寒河江ダムが完成、ダム湖の月山湖の北方には月山弓張平(ゆみはりだいら)公園がつくられている。北部や南部の山地は磐梯朝日(ばんだいあさひ)国立公園域となっていて、月山志津温泉、月山スキー場、山形県立自然博物園、大井沢温泉、大井沢自然博物館などがある。月山神社出羽神社湯殿山神社摂社月山出羽湯殿山三神社社殿は国指定重要文化財。面積393.19平方キロメートル、人口5636(2015)。[中川 重]
『『西川町史』上・下巻(1995・西川町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

西川(町)の関連情報