西海(読み)にしうみ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西海(愛媛県)
にしうみ

愛媛県最南端、南宇和郡(みなみうわぐん)にあった旧町名(西海町(ちょう))。現在は愛南町(あいなんちょう)の南西部を占める一地域。1952年(昭和27)西外海(にしそとうみ)村が町制施行して改称。2004年(平成16)内海(うちうみ)村、御荘(みしょう)町、城辺(じょうへん)町、一本松(いっぽんまつ)町と合併、愛南町となる。旧町域は、宇和海に臨む西海半島と横島、鹿島(かしま)などからなり、県道320号が通じる。宇和島藩時代には外海浦とよばれ、イワシ網漁業が盛んであり、また九州や上方(かみがた)との交易の基地でもあった。明治から大正にかけてはアラフラ海の木曜(もくよう)島にカツオ漁や真珠貝採取に出漁し、また明治末期には朝鮮半島に移住して漁村をつくる漁業者もいた。現在はハマチ、タイ、真珠などの養殖が盛ん。低地が少なく、農業は段畑耕作による。近年は観光にも力を入れている。沿岸は屈曲に富むリアス式海岸で、鹿島周辺ではサンゴ礁や熱帯魚をみることができ、足摺宇和海(あしずりうわかい)国立公園域の海域公園となっている。北西岸の外泊(そとどまり)地区は西風が強く、防風のために高い石垣を巡らした民家が多く、県から「石垣文化の里」に指定されている。[横山昭市]
『『西海町誌』(1979・西海町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

西海の関連情報