貫(木造建築)(読み)ぬき

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

貫(木造建築)
ぬき

木造建築において、柱を横に貫いて、柱と柱を結び付ける部材。現在は、厚さ9ミリメートル、せい(材の上端と下端間の距離)9センチメートル程度の板を用いるのが普通である。古代には、柱と柱を結び付けるのに長押(なげし)を使い、貫は柱の頂部をつなぐ頭貫(かしらぬき)だけであった。中世の初めに長押にかわって貫で柱をつなぐ唐様(からよう)・天竺(てんじく)様の二様式が伝わってから、広く貫が使われるようになった。唐様や天竺様の仏殿では、貫を現していた。民家でも貫を意匠的に現している場合がみられる。書院造の座敷では長押を用いるのが普通であるが、その場合でも貫がかならず使われている。しかし貫を現すことはなく、壁の中に塗り込めている。現代の木造住宅でも同様である。

[平井 聖]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

商業施設

商業を目的とした施設。特に、デパートやショッピングセンターなど、比較的大型の小売店をさす。→複合商業施設...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android