鯨(漢字)

普及版 字通「鯨(漢字)」の解説


常用漢字 19画

(異体字)
24画

[字音] ゲイ
[字訓] くじら

[説文解字]

[字形] 形声
声符は京(けい)。〔説文〕十一下に「の大魚なり」とし、正篆としての字をあげている。〔左伝、宣十二年〕に「其の鯨鯢(げいげい)を取りて之れを封じ、以て大戮(たいりく)と爲す」とあり、悪逆の巨魁にたとえる。鯢は雌。〔淮南子、覧冥訓〕の〔許慎注〕に「鯨は魚の王なり」とあり、〔説文〕と文が異なる。

[訓義]
1. くじら、おくじら。
2. と通じ、あげる。

[古辞書の訓]
〔名義抄〕鯨・ クヂラ・クシラ・トモ・アク・ヲクヂラ・マス

[語系]
鯨()gyang、京・)kyangは声近く、京・は大にして力あるものをいう。

[熟語]
鯨飲・鯨音・鯨・鯨海・鯨鯨猾・鯨吸・鯨魚・鯨鯢鯨吼鯨鬚・鯨鐘鯨濤・鯨・鯨波・鯨面・鯨
[下接語]
海鯨・騎鯨・巨鯨・群鯨・蛟鯨・脩鯨・大鯨・長鯨・白鯨・捕鯨


24画

(異体字)鯨
19画

[字音] ゲイ
[字訓] くじら

[説文解字]

[字形] 形声
声符は(きょう)。また鯨は京(けい)声。〔説文〕十一下に「の大魚なり」とし、「春秋傳に曰く、其の鯢を取る」と〔左伝、宣十二年〕の文を引く。雄を、雌を鯢とする説がある。のち多く鯨の字を用いる。

[訓義]
1. くじら。
2. 字はまた鯨に作る。

[古辞書の訓]
〔名義抄〕鯨・ クヂラ・クシラ・トモ・アク・ヲクチラ・マス 〔字鏡集〕 トモ・クジラ・ヲクジラ・アグ

[熟語]

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android