黒島(読み)くろしま

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黒島(沖縄県)
くろしま

沖縄県、八重山(やえやま)列島の主島石垣(いしがき)島の南西方20キロメートルに位置する島。八重山郡竹富町に属し、面積10.02平方キロメートル。最高標高15メートルの琉球(りゅうきゅう)石灰岩からなる低島。農牧業が中心であったが、近年サンゴ礁観光が脚光を浴びてきた。西表(いりおもて)石垣国立公園内の石西礁湖にあり、周辺は海域公園(黒島ウラビシ・キャングチ)に指定されている。石垣港から毎日定期便がある。人口219(2009)。[目崎茂和]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黒島の関連情報