どきっと(読み)ドキット

デジタル大辞泉の解説

どきっ‐と

[副](スル)驚きや恐怖などのために、強く動悸(どうき)が打つさま。「突然の指名でどきっとした」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どきっと

( 副 ) スル
驚きや恐れ・期待などのため動悸どうきのするさま。 「名ざしされて-した」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

どきっ‐と

〘副〙 驚き、恐れ、期待などで瞬間的にはげしく動悸が打つさまを表わす語。どきん。
※竹沢先生と云ふ人(1924‐25)〈長与善郎〉竹沢先生と虚空「その男の黒い輪廓を見た瞬間、自分は何者かと一寸ドキッとした」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

どきっとの関連情報