コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

びしっと ビシット

デジタル大辞泉の解説

びしっ‐と

[副]
棒などで強く打ったり、太い物が一瞬に折れたりするさま。また、そのようにして鋭く音を立てるさま。「警策(けいさく)で背中をびしっと打つ」「松の大枝がびしっと折れる」
非常に強い調子で物事をするさま。「びしっとしかる」
服装などにすきがないさま。「フォーマルウエアでびしっときめる」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

びしっと

( 副 )
物が割れたり折れたりする音を表す語。 「物干し竿ざおが-折れた」
厳しいさま。ぴしゃりと。 「 -断る」
きちんと整っているさま。ぴしっと。 「スーツを-決めて現れた」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

びしっとの関連キーワードフォーマルウエア緊と・犇とスーツ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

びしっとの関連情報