アイボリー(英語表記)ivory

翻訳|ivory

デジタル大辞泉の解説

アイボリー(ivory)

象牙(ぞうげ)。また、象牙色。
厚くて光沢のある象牙色の洋紙。アイボリー板紙。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

色名がわかる辞典の解説

アイボリー【ivory】

色名の一つ。アイヴォリーとも表記する。JISの色彩規格では「みのうすい灰色」としている。一般に、やや灰色みを帯びた黄色のこと。もとは象牙ぞうげを意味し、象牙色とも訳される。高級なイメージのある色で、壁紙、カーテン、ソファ、ベッドなど室内装飾や家具に多く用いられる。またアイボリー板紙というと招待状やメニューなどに使われる厚手の高級紙をさす。象牙そのものはワシントン条約により輸出入取引が禁止されている。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

アイボリー【ivory】

象牙ぞうげ
象牙色。アイボリーホワイト。
光沢のある淡いクリーム色の厚手の洋紙。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

アイボリー

〘名〙 (ivory)
① 象牙(ぞうげ)。また、象牙色。〔舶来語便覧(1912)〕
② 「アイボリーペーパー」の略。
※南小泉村(1907‐09)〈真山青果〉七「金縁の舶来象牙紙(アイボレイ)に活字も気取ってゴジック新型である」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のアイボリーの言及

【プロクター・アンド・ギャンブル[会社]】より

…品質の良さで評判となり,また南北戦争のときに南軍から大量注文を受け会社の基礎が固まった。その後79年に発売したセッケン〈アイボリーIvory〉がベストセラーとなり今日でも売られている。また合成洗剤についても1932年ドイツから特許を買い業務用製品を販売し,46年には家庭用合成洗剤〈タイドTide〉を発売して爆発的な人気を得た。…

※「アイボリー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アイボリーの関連情報