コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンカラ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンカラ

歌舞伎および寄席などの囃子楽器。革鳴楽器すなわち太鼓の一種で,「カンカラ太鼓」ともいう。大太鼓を小型にしたようなものであるが,革面の張り方が強く,カンカラといった音色がするのでこの名がある。これを櫓 (やぐら) の上で打つときは「櫓太鼓」といい,棒に差してかつぎ,市中を興行が行われることを触れて歩く場合には「触れ太鼓」ともいう。胴は原則として唐草模様の布で包み,桴 (ばち) は普通はカシの細桴を用いる。現在では,大鼓 (おおかわ) を竹桴で打って代用したりすることもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

タレントデータバンクの解説

カンカラ


グループ
カンカラ

グループメンバー
石田 武/入山 学/杉林 功

職種
お笑い

プロフィール
杉林功、石田武、入山学からなる時代劇コントを主としたお笑いユニット。欽ちゃん劇団に在籍。2000年6月にユニットを結成。テレビ、舞台、ライブなどで幅広く活躍。主な出演作品は、NHK『爆笑オンエアバトル』、『コメディー道中でござる』、『笑神降臨』、BSプレミアム『新 クイズ面白ゼミナール』、日本テレビ『笑点』等。2003年より国立演芸場主催の「花形演芸会」に毎年出演。2年連続で金賞を受賞している。

代表作品
NHK『コメディー道中でござる』 / 日本テレビ『笑点』 / NHK『笑神降臨』

出典 株式会社タレントデータバンクタレントデータバンクについて 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android