サファイア(英語表記)sapphire

翻訳|sapphire

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サファイア
sapphire

青玉ともいう。六方晶系,菱面体晶族の鉱物。 Al2O3 。透明または半透明の青色を帯びた美しいコランダム (鋼玉) で,前 800年頃から宝石として珍重された。9月の誕生石。硬度9でダイヤモンドに次いで硬く,比重は 3.99で非金属鉱物としては異常に重い。結晶のC軸の方向から見たとき星状の蛋白光が見えるものをスター・サファイアという。無色,灰色,黄,薄いピンク,オレンジ,緑,紫,褐色のコランダムもサファイアとして知られ,赤色のものはルビーと呼ばれている。結晶質石灰岩雲母片岩片麻岩などの副成分鉱物として,閃長岩,霞石閃長岩の初生鉱物として,また煌斑岩岩脈ペグマタイト中に大きな結晶として産出する。産地はスリランカ,タイ,オーストラリア,アメリカ,マダガスカル,フランスやカシミール,ウラル地方など。ベルヌーイ法で人工的に合成され,天然のものと区別しがたい良質のものもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

サファイア

赤(ルビー)以外の色調をもつコランダムの宝石名。青いものが最上とされ,6条の星彩をもつものはスターサファイアと呼ばれて珍重される。9月の誕生石。主要産地はタイ,ミャンマー,カシミール地方,スリランカなど。→合成宝石
→関連項目アルミナ貴石誕生石宝石

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サファイア【sapphire】

アルミナAl2O3の結晶であるコランダムのうちで,赤色のもの(ルビー)以外をサファイアという。青玉,青宝玉とも呼び,ダイヤモンドに次ぐ硬度と希少性,美しさにより,高価な宝石とされる。無色,青色はもとより,緑・紫・黄・褐色などがあり,おのおの頭に色名を冠して呼ばれるが,やや橙色を帯びたピンク色の石は,パパラチャ・サファイアと呼ばれ,蓮の花の色を意味する,サンスクリットのpadma rāgaから由来したといわれている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

サファイア【sapphire】

鋼玉の一。青く透き通っており、良質のものは宝石とする。九月の誕生石。人工的にも合成される。青玉せいぎよく

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サファイア
さふぁいあ
sapphire

宝石の一つ。鉱物学的にはコランダムと同じ。青ないし灰色。青色系統のものが良質とされる。単結晶の透明に近いものを球形に研磨して、c軸(6回対称軸にあたる)方向から見ると、星芒(せいぼう)と称する6方向に放射状に光る線が出現することがあり、このようなものをスター・サファイアという。これが出ると宝石としての価値がいっそう高められる。サファイアの産状としては、良質のものは、アルミニウムに富む堆積岩(たいせきがん)起源の接触変成岩あるいは特殊な玄武岩中のものがあげられる。花崗岩(かこうがん)質ペグマタイト、気成鉱床、粘土鉱床など熱水交代岩、霞石(かすみいし)片麻岩中のものは、着色はしているが、良質のものは少ない。色の原因は明らかでない。9月の誕生石。[加藤 昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

サファイア

〘名〙 (sapphire)
① 青色のコランダム。透明な青澄色のものは宝石に用いられる。青玉(せいぎょく)。青宝石。
※夏痩(1890)〈尾崎紅葉〉一七「さふァいあ入(いり)の黄金指環を抜かむとすれば」
② 青玉色。碧(へき)玉色。〔外来語辞典(1914)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

現代外国人名録2016の解説

サファイア
Sapphire

職業・肩書
パフォーマンス詩人,作家

国籍
米国

生年月日
1950年

出生地
ニューヨーク州

本名
ロフトン,ラモーナ

学歴
ブルックリン大学

経歴
アフリカ系アメリカ人。米国内の軍基地を転々として育つ。父は暴君で、母は家族を捨てたが、26歳の時に母と再会し、ニューヨークのハーレムに移り住む。ストリップ・クラブのダンサーをし、ダンスを学びながら詩を書く。1986年母が死去、次いで弟、おばなど次々に失い、詩の内容も変化する。’87〜93年ニューヨークのオールタナティブ・スクールで読み書きを教える。’94年詩集「アメリカの夢」を出版。ブルックリン大学で修士論文を書くかたわら、日記帳に「ガッツ」を書きため、’96年「ガッツ」で作家デビュー。同年教師時代の体験をもとにした初めての小説「Push+」を発表。ハーレムで両親の虐待を受けながらも読み書きを学び、人生を切り開くアフリカ系少女の成長を赤裸々に綴った物語は世界中でベストセラーとなり、大きな評判を得る。日本では「プレシャス」として刊行された。2009年には映画化(「プレシャス」)され、シディベがアカデミー賞出演女優賞にノミネート、モニークが助演女優賞を獲得した。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

世界大百科事典内のサファイアの言及

【コランダム】より

…鋼玉ともいう。美しい赤色のものはルビー,また青色のものはサファイアといわれ,宝石として珍重される鉱物。化学組成はAl2O3であるが,少量のFe2O3,TiO2,Cr2O3などを含むものがある。…

※「サファイア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

タピオカドリンク

中国茶や紅茶などに球状のタピオカを入れた台湾発祥の飲料。「タピオカティー」とも呼ばれ、米国やアジア諸国で人気を集めている。日本では1990年代に台湾のチェーン店が進出して以来、若い女性を中心に幾度もブ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サファイアの関連情報