コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジェームズ[2世] ジェームズ

百科事典マイペディアの解説

ジェームズ[2世]【ジェームズ】

イングランド王(在位1685年―1688年)。チャールズ1世の子。ピューリタン革命で一時亡命,王政復古で帰国。旧教徒であったため議会に王位継承に反対する動きがあったが,これを抑え,兄チャールズ2世の跡をうけて即位した。
→関連項目スチュアート朝メアリー[2世]モンマス公

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ジェームズ[2世]【James II】

1633‐1701
名誉革命の直接の原因をつくったイギリス後期スチュアート朝の国王。在位1685‐88年。チャールズ2世の弟で即位まではヨーク公と称した。ピューリタン革命中は大陸で亡命生活を送り,1660年の王政復古で帰国し,海軍長官を務め,みずから対オランダ戦争を戦ったが,旧教徒であったため審査法にふれて73年辞職した。兄王に嫡子がなかったので王位継承を予定されていたが,議会は3度にわたって〈王位継承排除法案〉(1679‐81)を提出した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のジェームズ[2世]の言及

【イギリス】より

…しかも王権の側には常備軍と地方官僚の欠如という致命的な弱点があり,絶対王政の安定は前述の社会層の協力いかんにかかっていた。ところが前期スチュアート朝の2人の国王(ジェームズ1世,チャールズ1世)の行動は,彼らの期待を裏切るばかりであった。王権神授説の押しつけ,国教会体制の強化,対スペイン,フランス従属外交の展開,そして浪費と放縦をほしいままにする宮廷の存在などがそれである。…

【ウィリアム[3世]】より

…オラニエ公ウィレム,のちイギリスではオレンジ公ウィリアムとしても知られる。母はイギリス国王チャールズ1世の長女メアリーで,ウィレム自身のちにチャールズ1世の孫メアリー2世(ジェームズ2世の娘)と結婚(1677)しているので,イギリスのスチュアート王家とは姻戚関係にある。オランダは16世紀後半にスペインから独立したものの,たびたびフランス王ルイ14世の侵略をうけ,国内ではアムステルダムの商人層を支持基盤とするヨハン・デ・ウィト派と中産的生産者層を基盤とするオラニエ派が対抗していた。…

【スコットランド】より

…その後ダンカンの血統が絶え,1371年ロバート2世が即位してスチュアート朝を開始。フランスとの提携が強まり,ジェームズ5世(在位1513‐42)は2人の王妃をフランスから迎え,その娘の女王メアリー(メアリー・スチュアート)はフランス王妃ともなった。 スチュアート王家,フランス勢力と結びついたローマ・カトリック教会に対する反抗として,1559年宗教改革戦争が始まり,J.ノックスの指導のもとにカルバン系の改革教会が樹立された(1560)。…

【スチュアート朝】より

…スコットランドでは,イングランド,フランスなどの外国勢力と結んだ貴族間の抗争が激烈を極めたため,王権の基盤は弱く,スチュアート朝の諸王には殺害されたり戦場で倒れたものが続出し,多くは未成年で即位した。1542年ジェームズ5世が死ぬと,娘のメアリー・スチュアートは生後1週間で即位し,のちフランスに送られてその皇太子妃となった。夫のフランソワ2世の病死により帰国したメアリーは,新旧両教派の貴族の抗争にまきこまれ,みずからの不品行もあって退位し,67年息子のジェームズ6世が即位した。…

【トーリー党】より

…ピューリタン革命期の王党派にその起源を求めることもできるが,通常は1670年代末に国王チャールズ2世の後継者をめぐる対立のなかで,血統による王位継承と国王大権とを擁護しようとした党派をさす。彼らは,カトリックに傾斜しつつあった王弟ヨーク公(のちのジェームズ2世)を王位継承から排除しようとする野党ホイッグ党に対抗した。トーリーという名称はアイルランドの追剝の名をとって反対派が名づけたもの。…

【名誉革命】より

…1688‐89年にイギリスで起こった革命。国王ジェームズ2世を追放して,王の長女メアリーとその夫オランダ総督ウィレムを共同統治者として迎え,立憲君主制の基礎を固めた。 王政復古体制下の1670年代末期,チャールズ2世の弟でカトリック教徒のジェームズを王位継承から排除する法案の議会提出をめぐって政治危機は深刻となった。…

【モンマス公】より

…叔父のヨーク公と王位相続を争い,プロテスタントの反ヨーク派にかつがれ,陰謀に荷担したかどで1679,84年の2度にわたって追放処分をうけた。85年ヨーク公がジェームズ2世として即位すると,王位継承権を主張して小部隊を率いて南西部のライム・リージスに上陸,民衆のかなりの支持を集めたが,支配階層の人々は動かず,セッジムーアの戦に敗れて,斬首された。王位継承をめぐる政治陰謀は詩人ドライデンによって《アブサロムとアキトフェル》にうたわれた。…

※「ジェームズ[2世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ジェームズ[2世]の関連キーワード王政復古(世界)

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android