三輪(読み)みわ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三輪(福岡県)
みわ

福岡県中西部、朝倉郡(あさくらぐn)にあった旧町名(三輪町(まち))。現在は筑前(ちくぜん)町の南部を占める。旧三輪町は1962年(昭和37)町制施行。2005年(平成17)夜須(やす)町と合併し筑前町となった。旧三輪町の北部は三郡(さんぐん)山地末端の山地だが、筑後(ちくご)川支流の草場(くさば)川などが形成した扇状地が広がり、甘木(あまぎ)鉄道(レールバス)、国道386号、500号が通じる。主産業は農業で、米麦のほか、ブドウ、イチゴなどを産し、すし用油揚げの産地である。国指定史跡の仙道古墳(せんどうこふん)(装飾古墳)、大己貴(おおなむち)神社、菊池武光太刀洗(たけみつたちあらい)の碑などがある。[石黒正紀]
『『三輪町史』(1970・三輪町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

八村塁

プロバスケットボール選手。ポジションはパワーフォワード、スモールフォワード。身長203センチメートル、体重104キログラム。アフリカ・ベナン共和国出身の父と日本人の母をもつ。1998年2月8日、富山県...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三輪の関連情報