丸山[町](読み)まるやま

百科事典マイペディアの解説

丸山[町]【まるやま】

千葉県南部,安房(あわ)郡の旧町。丸山川流域の丘陵地を占め,南東は太平洋に面する。中世以来の嶺岡(みねおか)牧場の伝統を継ぎ房州酪農の一中心。米,野菜が栽培される。内房線が通じる。2006年3月,安房郡富浦町,富山町,白浜町,千倉町,和田町,三芳村と合併し市制南房総市となる。44.11km2。5806人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

まるやま【丸山[町]】

千葉県南部,安房(あわ)郡の町。人口5865(1995)。丸山川流域を占め,北部は丘陵,南部は館山地溝帯東部にあたり水田が広がる。酪農を中心に米作パセリショウガなどの栽培を行う。1978年,丸山川上流に農耕用水用の安房中央ダムが建設された。北部の愛宕山中腹には〈日本酪農発祥の地〉として知られる嶺岡牧場後身,千葉県嶺岡乳牛試験場があり,種牛の改良,増殖を行っている。国道128号線が町域南部を横切る。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android