今少し(読み)いますこし

精選版 日本国語大辞典「今少し」の解説

いま【今】 少(すこ)

もう少し。もうちょっと。
※宇津保(970‐999頃)国譲中「いと暑くつれば、ほど遠くてはものせず。いますこし涼しくなりなん時」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「今少し」の解説

いま‐すこし【今少し】

[副]もう少し。もうちょっと。「今少し待ってください」
[類語]もっと更にますます一層いよいよよりも少しずっとまだもう少しなおなおさら一段と弥が上にもうあと余計然も今一つもう一ついまいちもそっとぐっとぐんと

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android