段違い(読み)ダンチガイ

デジタル大辞泉「段違い」の解説

だん‐ちがい〔‐ちがひ〕【段違い】

[名・形動]
能力技術品質などに、非常な違いがあって、くらべものにならないこと。格段があること。また、そのさま。「段違いな(の)実力
二つのの高さが異なること。「段違いゆか
[類語]格段飛び切りずっと特別桁違い桁が違う桁外れ断然ぶっちぎり圧倒的絶対的世界的記録的記録破りましてなおさらいわんやさらに余計一層もっとますますいよいよよりも少しもう少しなお一段いやが上に数段層一層しのぐもそっと今少しぐんとぐっとうんとだいぶ余程遥かひとしおうたた尚尚なおなおなお以て更なるひときわいや増すなお且つかてて加えてそれどころそればかりかしかのみならずのみならず加うるにおまけにまた且つまた且つこの上その上しかもさてはさなきだに

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android