況んや(読み)イワンヤ

デジタル大辞泉の解説

いわん‐や〔いはん‐〕【況んや】

[副]《動詞「い(言)う」の未然形+推量の助動詞「」+係助詞「」から。漢文訓読から生じた語。もと文頭に「況」があれば、文末に「…といはむや」を補って訓読したが、のちに「況」の訓として扱われるようになったもの》前に述べたことから考えて、この件については言うまでもなく自明のことであるという気持ちを表す。まして。なおさら。
あとに、用言を伴わずに「をや」「においてをや」の形がくるもの。
「辺鄙な新開町に在ってすら、時勢に伴う盛衰の変は免れないのであった。―人の一生に於いてをや」〈荷風濹東綺譚
「上古かくのごとし、―末代においてをや」〈平家・二〉
あとに、特別の呼応の形を伴わないもの。「この問題は先生でも解けない。況んや生徒に解けるはずがない」
「異様(ことやう)の田舎法師の論議をせむに、吉(よ)からぬ事なり。―我を罵る事、極めて安からぬ事なり」〈今昔・一一・二〉
あとに「用言+むや」「用言+む」の形がくるもの。
「この玉たはやすくえ取らじを、―竜の頸の玉はいかが取らむ」〈竹取
「―和国南北両門の衆徒、なんぞ謀臣の邪類をはらはざらんや」〈平家・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いわんや【況んや】

( 副 )
〔動詞「言ふ」の未然形に推量の助動詞「む」と反語の助詞「や」が付いた語。漢文訓読に由来する語で、もと文末に「…といはんや」と補読されていたものが、文頭の「況」字の訓に移行したもの〕
連続する二文のあとの方の文頭におき、前の文の場合でもそうなるのだから、あとの文の場合では言うまでもなくそうなるという意を表す。まして。なおさら。
文末の述語動詞に「む」「むや」を伴う。 「この玉たはやすくえ取らじを、-竜の頸の玉はいかが取らむ/竹取」
文末に述語をとらず、「はや」「をや」などで結ぶ。 「善人なほもて往生をとぐ、-悪人をや/歎異抄」
特に呼応のないもの。 「この不況で大手スーパーでさえ苦しい。-うちのような個人商店はなお厳しい」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android