弥が上に(読み)イヤガウエニ

デジタル大辞泉の解説

いやがうえ‐に〔いやがうへ‐〕【弥が上に】

[副](多く「も」を伴って)なおその上に。ますます。「好守好打の連続で球場は弥が上にも盛り上がった」
[補説]「嫌が上に」と書くのは誤り。
文化庁が発表した平成26年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「いやがうえにも」を使う人が34.9パーセント、本来の言い方ではない「いやがおうにも」を使う人が42.2パーセントという逆転した結果が出ている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android