コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保守党[コロンビア] ほしゅとう[コロンビア]Partido Conservador

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

保守党[コロンビア]
ほしゅとう[コロンビア]
Partido Conservador

コロンビアの政党。 1830年代に結成された政党で,同時期に設立された自由党とともに二大政党をなす。大地主層を支持基盤とし,教会の権益を代表するとともに中央集権的立場をとる。結党以来自由党との紛争が絶えず,1899~1902年には「千日戦争」と呼ばれる内戦にまで発展した。その後 30年まで政権を握っていたが,34年に自由党に政権を許して下野。 46年に政権を奪回したが,48年に起ったボゴタッソと呼ばれる大暴動に巻込まれ,やがて内戦に発展した。その後,保守,自由両党は和解を進め,両党が4年ごとに大統領を交代し,立法議会のポストも両党に均等に配分するなどの協定を盛込んだ「国民戦線」を 58年に組織し,協定にのっとった政府が 74年まで続いた。 74年からは自由選挙が復活したが,党内の派閥争いが続いたため自由党に政権を許していた。だが 81年には党内の融和が成立し,82年大統領選挙では統一候補ベリサリオ・ベタンクールが当選し8年ぶりに政権に復帰した。しかし,86年には自由党に敗れ,90年の大統領選挙では候補者をめぐり分裂,党内分派として救国運動が成立した。そのため大統領選挙は自由党に敗北したが,自由党との連立内閣に参加した。 94年の大統領選挙ではアンドレス・パストラナを統一候補として擁立するが再び落選。だが 98年3月にパストラナ候補が当選して 12年ぶりに政権を奪回した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

保守党[コロンビア]の関連キーワード奴隷制廃止運動産業革命民衆を導く自由の女神パーマストン(子)ギゾースタンダールフランス史(年表)シャルルルイフィリップ赤と黒

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android