コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コウ

デジタル大辞泉の解説

こう【喉】

[接尾]助数詞。魚を数えるのに用いる。尾(び)。「一

こう【喉】[漢字項目]

常用漢字] [音]コウ(漢) [訓]のど
のど。のどぶえ。「喉舌喉頭咽喉(いんこう)

こん【喉】

[名]魚をいう女房詞
[接尾]助数詞。魚の数を数えるのに用いる。「一の魚」

のど【喉/咽/×吭】

《「のんど」の音変化》
口腔の奥の、食道気管に通じる部分。咽喉(いんこう)。「御飯が―につかえる」「―まで出かかった言葉をのみこむ」
頸部(けいぶ)の前面。のどくび。「剣で―を突く」
歌う声。「自慢の―を聞かせる」
急所。大切な箇所。のどくび。「補給路の―を抑える」
書物の紙をとじてあるの方の部分。

のみ‐と【喉/咽】

《「飲み門(と)」の意。「のみど」とも》のど。
「赤海鯽魚(たひ)の―を探れば、鉤有りき」〈・上〉

のん‐ど【喉/咽】

《「飲(の)み門(と)」の音変化》のど。
「短剣にて自から―を刺串(さしつらぬ)き」〈染崎延房・近世紀聞〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こん【喉】

( 名 )
〔女房詞〕 肴さかな。 〔大上﨟御名之事〕
( 接尾 )
助数詞。魚を数えるのに用いる。 「よそから下された鱸すずきを三-の内を、一-洗へと言へ/狂言・鱸庖丁」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

喉の関連キーワード出掛かる・出懸かる・出掛る・出懸るシックビルディング症候群大阪府大阪市西区江之子島竹本政太夫(2代)マゼランペンギンチョークスラム酒井 猪太郎淡水コケムシ盛り切り御台ツールーズ種喉がひっつく空手チョップレクッカラ鳴嚢・鳴囊鱗集亭問丸羽ぶくらようようスタナーホーミーエヘン虫

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

喉の関連情報