コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

峰[町] みね

2件 の用語解説(峰[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

峰[町]【みね】

長崎県上県(かみあがた)郡の旧町。対馬の中部に位置し,農漁業を営む。町域の大部分を山林が占め林業も盛ん。木坂にある対馬国一宮海神神社の如来立像は重要文化財,祭礼も有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みね【峰[町]】

長崎県北部,上県(かみあがた)郡の町。1976年町制。人口3119(1995)。対馬中北部に位置する。東は対馬海峡東水道,西は対馬海峡西水道に面する。丘陵性山地が町域の85%を占め,中央部を大星山(348m)を主峰とする対馬山系が南北に連続し,町域を東西両地区に分けている。産業形態も東西で異なり,東部は漁業,西部は農林業を主体とする。西部の三根湾に注ぐ三根川や吉田川の流域は対馬でも数少ない田園地帯となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone