コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市川[市] いちかわ

百科事典マイペディアの解説

市川[市]【いちかわ】

千葉県北西部の市。1934年市制。市域下総(しもうさ)台地江戸川三角州にまたがり,西は江戸川をはさんで東京都江戸川区に接する。市川,八幡(やわた),中山の各市街はかつて千葉街道沿いの街村であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いちかわ【市川[市]】

千葉県北西部の市。人口44万0555(1995)。1934年市川,八幡,中山の3町と国分村が合体して市制を施行し,その後行徳町など周辺の町村を編入した。市域は両総台地の西端から江戸川の三角州にまたがり,江戸川をはさんで東京都江戸川区に接する。中心市街の市川,八幡,中山は千葉街道の街村で,成田・木下(きおろし)両街道の分岐点に位置する行徳は近世から明治にかけて江戸川の河港であり,行徳塩田の中心として栄えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

市川[市]の関連キーワード江戸川[区]京葉工業地域下総台地下総

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android